logo

Top news

クロードモネ と は

クロード・モネ —風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画 会期 年5月29日土 - 9月10日金 開館時間 10:00 - 18:00(毎週金曜日は20:00まで・予定)*入館は閉館の30分前まで 休館日. クロード・モネについての本は数多く、どれを手にとっていいかわからなくなると思います。 この記事を読んでいただき、絵だけを楽しみたい方は画集を、モネの生涯についても知りたい方は伝記を選んで読んでいただければと思います。. クロード・モネは1883年から1926年にかけての43年間、ジヴェルニーの家に暮らしていました。 庭作りと色彩をこよなく愛した彼は、花いっぱいの庭と水の庭を芸術作品のように設計しました。. 年夏に新苗で迎えたのであまり咲かせず数輪の開花を楽しんでシーズンを終えました。そして迎えた年。私の想像を超える花付きの良さで常に華やかな雰囲気を演出してくれました。 程よい大きさのブッシュを形成し、絶えずポップな花を咲かせ続けてくれました。玄関のすぐわきに置いていたのですが、ボレロと交代で咲き続けてくれていましたので寂しくなることはありませんでした。 花付きの良さは抜群で、ボレロとともに5月以降ほとんど毎月のように開花していました。昨年の我が家のMVPのバラはボレロでしたが、クロード・モネでも良いくらい、そんなポテンシャルの高さを見せてくれました。. クロード・モネ (Claude Monet, 1840年11月14日 -1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」の別称があり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家であった。. 彼が描いたものは全部、4,000フラ.

com-アフロ。日本人をはじめとする人物写真素材、自然風景、イラスト、アートなど様々な広告向け写真素材・映像素材から、最新のニュース. 偉人クロード・モネの名言集(英訳付)by心の常備薬 クロード・モネ:印象派を代表するフランスの画家 フルネーム:オスカル=クロード・モネ Oscar-Claude Monet パリに生まれる。. 6 cm。オルセー美術館(W1624)。 1899年秋、1900年2月、1901年2月 - 4月には、ロンドンを再訪した。「テムズ川の霧の効果」を描くことを試み、サヴォイ・ホテルから見たチャリ. 1874年ごろから、デュラン=リュエルがモネの絵を大量に購入することが難しくなり、第1回印象派展も失敗したため、モネは経済的な苦境に陥った。モネ、ルノワール、シスレー、ベルト・モリゾは、1875年3月注釈 15、オテル・ドゥルオ(英語版)で多数の作品を競売にかけざるを得なくなったが、参加者に嘲笑され、無残な結果に終わった。モネは、マネに「もし苦境を脱することができなければ、僕の絵具箱はずっと閉じられたままになるでしょう」という手紙を送り、マネはこれに応じてモネを援助した。また、モネの作品を個人的に購入するバリトン歌手ジャン=バティスト・フォール(英語版)、実業家エルネスト・オシュデ、税官吏ヴィクトール・ショケなどの収集家・愛好家も現れてきた。オテル・ドゥルオの競売でルノワールを知った収集家ジョルジュ・シャルパンティエ(フランス語版)は、1879年に「ラ・ヴィ・モデルヌ(近代生活)」誌を創刊して、印象派の普及に貢献した。 1876年4月、第2回印象派展がデュラン=リュエル画廊で開かれた。モネは18点を出品した。ここでは、日本の着物を着けた妻カミーユをモデルにした『ラ・ジャポネー. 1840年、クロード・モネはパリに生まれ、4歳のとき両親とともに港町ル・アーブルに移り住む。父親の職業は分かっていない。 クロードモネ と は 教室で遊ぶより海岸で遊ぶことが好きで教師や町の名士面白おかしく誇張した風刺画を得意としていた少年だった。. 2 cm。シカゴ美術館。.

みんな『日没の積みわら』を欲しがる。. クロード・モネの解説。1840~1926フランスの画家。印象派の代表画家。同派の呼称は、その作品「印象‐日の出」に由来する。ほかに「睡蓮 (すいれん) 」など。 - goo人名事典は15万件以上の人物データを収録しています。. クロードモネ と は モネは、1890年にジヴェルニーの地所を購入してから、家の周りに作った「花の庭」に手を入れていたが、1893年に隣の敷地を購入すると、ここにリュ川の水を引いて睡蓮の咲く池を作り、「水の庭」と呼ばれる日本風の太鼓橋のある庭を作り始めた。水の庭は1895年からモネの作品に現れるが、1898年から、大量に描かれるようになる。1900年までの『睡蓮』第1連作では、太鼓橋を中心に、睡蓮の池と枝垂れ柳が、光の変化に従って描かれている。1900年11月の「モネ近作展」で、そのうち13点が展示された。 1. 1880年代終わりから晩年にかけてのモネの作品は、ひとつのテーマをさまざまな天候や、季節、光線のもとで描く「連作」が中心になる。同じモチーフで複数の絵を描くという手法は、中近世の月暦画やミレーの四季連作のほか、モネが愛好していた葛飾北斎の『富嶽三十六景』や歌川広重の『名所江戸百景』といった浮世絵から発想を得た可能性があると考えられている。 モネは1890年、しばらくの間旅行を諦め、借地だったジヴェルニーの家を購入し、自宅の周りの積みわらを描くことに集中した。1880年代末にも何点かの積みわらを描いていたが、1890年後半から1891年にかけては、『積みわら』の本格的な連作25点を制作した注釈 23。モネは、1890年10月、友人ジェフロワに、次のように書いている。 『積みわら』は、一般的にモネの最初の連作とされており、ブッソ・ヴァラドン商会が1891年にモネから1枚3,000フランで3点購入した。カミーユ・ピサロは、息子リュシアン・ピサロ(英語版)への手紙の中で「みんなモネの作品しか欲しがらない。. 『睡蓮の池、バラ色の調和』1900年。油彩、キャンバス、90 × 100.

クロード・モネ ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館(オーストリア、ウィーン) 1995年6月24日 (土)~9月3日 (日) フランス印象派展—光と色彩の交響曲 サンティジャーナ財団本部、ドン・ボルハの塔(スペイン、サンティジャーナ). . 5 cm。オルセー美術館。 3. クロード・モネ Claude クロードモネ と は クロードモネ と は MONET(1840~1926) フランス印象派を名実ともに代表する画家。 ドガたちと印象派展を立ち上げ、ルノワールと筆触分割など印象派に特徴的な技法を開発するなど、生涯、移ろう光や大気を描きとめることに挑戦し続けました。. モネ、風景をみる眼:19世紀フランス風景画の革新, ポーラ美術館, 年7月13日-年11月24. 『国会議事堂下のテムズ川』1871年ごろ。油彩、キャンバス、47 × 73 cm。ナショナル・ギャラリー(ロンドン)(W166)。 2. そして迎えた年。春先には昨年同様ハモグリバエなどの被害が出ていたのですぐにベニカDXスプレーをしを散布しました。昨年は我が家の庭はハモグリガの被害が広がり見た目が悪くなったので今年はすぐに対処しました。そのかいあって5月25日の開花の頃には被害も治まり綺麗なバラを楽しむことが出来ました。 今年のクロード・モネの一番花は黄色にピンクの絞りが入った色合いになりました。ちょっとピンクが控えめです。しかし次に蕾をつけたのは濃いピンクにクリームの絞りが入った色合いです。最初に咲いたものと正反対の色合いのとても派手な花です。 この色々な色合いのパターンが楽しめると言うのがこういった絞りのバラの楽しみでもあります。毎回どんな色合いになるのか楽しみがあるので見ていて飽きることがありません。 同時に薄いクリーム色にピンクの絞りの花も出てきました。 これから秋まで咲き続けてくれるクロード・モネにとってシーズンはまだ始まったばかりです。昨年よりも株が充実し枝数も増えてたくさんの花を咲かせてくれると思うので、水切れさせることなくしっかりと管理していきたいと思います。.

3 cm。フィラデルフィア美術館。 2. 1881年12月、デュラン=リュエルから引っ越し費用の援助を得てポワシーに移った。ちょうど賃借契約が満期になったうえ、アリスとの関係がヴェトゥイユの住民から白眼視されていたことも理由であった。しかし、アリスとその子どもたちは、パリに戻るようにとのエルネスト・オシュデの求めに反してポワシーに同行することとなり、モネとアリスとの関係は、エルネストに対してますます説明が難しいものとなった。 モネはポワシーの土地を毛嫌いしており、「この土地は僕にはまったく合わない」とたびたび述べている。その代わりに、早くも1882年2月からノルマンディー地方に制作旅行に出て、ディエップの断崖や、ヴァランジュヴィル=シュル=メール近くのプールヴィル(英語版)の断崖を描いた。 1882年3月の第7回印象派展は、内紛の末、デュラン=リュエルが仲介し、ようやくモネを含む9人の参加で開催にこぎつけた注釈 19。モネは当初出品を拒否していたが、ユニオン・ジェネラル銀行(フランス語版)の破綻で打撃を被ったデュラン=リュエルを支援するため、海景画、風景画、静物画など35点を出品することとした。しかしモネは、会期中、一度も会場に足を運んでいない。新聞からは依然として批判もあったが、海の風景画は好評を呼んだ。 1883年1月からは、再びポワシーを逃れてノルマンディー地方に旅行し、エトルタの断崖を描いた。この年から1886年にかけては、定期的にエトルタの海岸を訪れ、断崖や奇岩を描いている。ここでは戸外で下絵を制作し、家に持ち帰ってアトリエで仕上げるという手法をとっている。 1883年3月には、デュラン=リュエルがマドレーヌ大通り(英語版)に新しく開いた画廊で、モネの作品56点の個展を開いたが、反響はなく、モネはデュラン=リュエルの準備不足を非難した注釈 20。 1. 日本にあるクロード・モネ作品一覧では、フランスの画家・クロード・モネ(Claude Monet,、1840年 11月14日 - 1926年 12月5日)の日本で所蔵が確認されている作品を挙げる。.

1877年、経済不況によりパトロンだったオシュデ氏が事業に失敗し、妻アリスと6人の子どもをモネの元に残して一人ベルギーへ逃避行しちゃいます。 そうなんです・・・・ アリスは大変社交的な女性で実家もお金持ちです。わざわざ貧しいモネを頼らなくても、他に頼れる人はたくさんいた筈なんです。 それが何を意味しているかといえば、モネとアリスはただならぬ関係であったということです!! 実はアリスが産んだ最後の男の子はモネの子どもだとも言われています。 そう考えると、オシュデ氏が妻子をモネの元に残して失踪した理由も納得できます。 ちなみに、右がアリスで左がその息子です。 こちらは若かりしころのモネ。下世話な話になっちゃいますが・・・・なんとなく似てる気がします(^▽^;) いや・・・本当のところはわかりませんw 外国の人は同じに見えちゃうからw 真相はさておき、夫婦と夫の愛人一家との奇妙な同居生活が始まりました。. クロード・モネ Claude Monet:印象派の中で最も名が知られた同派を代表する巨匠のひとり。自然の中で輝く外光の美しさに強く惹かれ、その探求と表現に生涯を捧げる。. キーワード:"クロード・モネ を全て含む" 美術・絵画などのアート作品ならアフロ | 国内最大級のストックフォト検索ダウンロードサイトaflo. 平素はクロード・モネをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 29年の永きにわたりお引き立ていただきましたクロード・モネ下北沢店は 諸般の事情により今月末日をもちまして閉店いたすこととなりました。. クロード・モネ 庭園 クロードモネ と は 「水の庭」の前に立つモネ(1905年)モネは1883年にジヴェルニーの家を借りたが、当時その敷地は果樹園と家庭菜園であった。. 6メートル、横6メートルという大作であったが、結局、サロンには出品されなかった。ギュスターヴ・クールベに批判されたからだとも言われる注釈 5。代わりに1866年のサロンに出品した『緑衣の女(フランス語版)(カミーユ)』と『シャイイの道』は2点とも入選を果たした。『緑衣の女』は、当時知り合ったばかりの恋人カミーユ・ドンシ. See full list on small-rosegarden. 3 cm。メトロポリタン美術館(W832)。.

【ホットペッパービューティー】クロードモネ 浦和店(Claude MONET)のサロン情報。お得なクーポン、ブログ、口コミ、住所、電話番号など知りたい情報満載です。ホットペッパービューティーの24時間いつでもOKなネット予約を活用しよう!. 1870年7月、普仏戦争が勃発すると、モネは兵役を避けるため、オランダを経て注釈 10、ロンドンに渡った。同じ時期、ピサロもロンドンに逃れており、2人は、イギリス風景画の第一人者ターナーやコンスタブルの作品を研究した。ターナーの描く霧の風景や、コンスタブルの描く雲の風景は、自然の移ろいゆく光を新しい感性で観察しており、印象主義の生成・発展に影響を与えたことが指摘されている。なお、この年の11月、バジールは普仏戦争に従軍して戦死している。 モネは、同じ時期に普仏戦争を避けてロンドンに滞在していたシャルル=フランソワ・ドービニーとも親交を持った。ドービニーは、以前からモネを高く評価しており、モネの面倒をよく見た。そして、同じくロンドンに滞在していた画商ポール・デュラン=リュエルをモネに引き合わせた。デュラン=リュエルは、のちに印象派にとって重要な画商となっていく ロンドンでは、室内画のほか、テムズ川、グリーン・パーク(英語版)、ハイド・パークを描いた数点しか制作していない。1871年1月、モネの父親が亡くなった。モネは5月までロンドンに滞在し、そのころ普仏戦争に続くパリ・コミューンの混乱が終息に向かうと、数か月間オランダ・ザーンダムに滞在した。ザーンダムでは、港、堤防、風車、ボート、埠頭など、水に関わるモチーフの習作を制作している。同年秋になってパリに戻った。 1. モネは、パリで絵の勉強をしたいと考えるようになったが、父は強く反対した。しかし、モネがカリカチュアで稼いだ貯金2,000フランでパリに行きたいと伝えると、父はこれに驚いてやむを得ず許可し、1859年4月、パリに出ることとなった。当初、ブーダンの師であったコンスタン・トロワイヨンのもとを訪れ、ルーヴル美術館で模写をしてデッサンを学ぶこと、トマ・クチュールのアトリエに入ることを勧められた。しかしモネは、そうしたアカデミックな勉強を拒否し、1860年に、より自由なアカデミー・シュイスに入学した。ここでカミーユ・ピサロらと知り合った。 1861年、徴兵を受け、アフリカ方面の連隊に入隊し、秋からアルジェリアで兵役を務めたが、1862年、病気(チフス)のため6か月の休暇を得て、フランスに帰国した。モネはのちに、アルジェリアでの経験について「あの地で受けた光と色彩の印象。それはずっと後になるまで明確な形を取らなかったが、私の来るべき探求の萌芽は、すでにあそこにあったのだ」と回想している。 クロードモネ と は 同年(1862年)夏、ル・アーヴルに戻った際、オランダの画家ヨハン・ヨンキントと知り合った。ヨンキント、ブ.

楽天市場-「クロードモネ」2,148件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。. クロード・モネ、マット増殖株です。 画像7が出品株です。 定期的に薬剤散布していますので、うどんこ、黒点などの病気は一切ありません。但し、殺虫剤は控えておりますので、僅かに虫害が見られる場合もあります。. オスカー・クロード・モネ(1840年11月14日-1926年12月5日)はフランスの画家。印象派の創設者。 「自然(特に戸外制作での自然風景)に対して自分が認識した感覚を表現する」という基本的な印象派哲学を一貫して実行した実践者。 「印象派」という言葉は、パリ・サロンから独立して1874年に. 戯画、年ごろ。61.

クロード・モネ ― 風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画 会期 年7月11日(土) ― 10月25日(日) 年5月29日(土) ― 9月10日(金) *会期変更 会場 アーティゾン美術館6・5階展示室 主催. 」と回想している。 1851年4月1日、ル・アーヴルの公立中学校に入学した。モネは、学校を抜け出して外で遊び回るのが好きな少年であった。彼はのちに、次のように回想している。 モネは少年のころから絵画に巧みで、10代後半のころには自分の描いた人物のカリカチュア(戯画)を地元の文具店の店先に置いてもらっていた。カリカチュアの注文を頼む者も現れ、最初は10フラン、のちに20フランで引き受けた。デッサン教師ジャック=フランソワ・オシャールの授業も受けている。1857年1月28日、母親が死去した。モネは、同じころ学業を放棄したが注釈 2、叔母のマリー=ジャンヌ・ルカードルが彼をアトリエに入れ、デッサンの勉強を続けさせた。 1858年ごろ、モネの描いていたカリカチュアが、ル・アーヴルで活動していた風景画家ウジェーヌ・ブーダンの目にとまり、2人は知り合った。ブーダンは、それまでアトリエで制作するのが当たり前だったキャンバスを戸外に持ち出し、陽光の下で海や空の風景を描いていた画家であった。ブーダンから、カリカチュアばかり描くのをやめ、油絵を勉強しようと誘われたことから、モネは油絵に取り組み始め、画家としての一歩を踏み出した。ブーダンとともにル・アーヴル北東のルエル(フランス語版)に赴いて制作し、油絵『ルエルの眺め』をル・アーヴル市展覧会に出品した。 1. 3 cm。シカゴ美術館(W758)。 2. . 他の・「アート・絵画」・を見る 他の・「クロード・モネ」・を見る サイズ約:318x378x15mm素材PS樹脂・PET・MDF・紙生産国イタリア・日本製送料全国一律送料無料(北海道・沖縄・離島は配達不可)商品説明・名画 ・クロード・モネ ・印象派 ・風景画 ・すいれんクロード・モネ。1840年. 楽天市場-「クロード・モネ 絵画」6,666件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。.

クロードモネは19世紀にフランスで活躍した印象派の画家です。 「印象派」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。 印象派は、絵を綺麗に仕上げることには拘らず、目の前に広がる風景の「印象」や「光の移り変わり」をカンヴァスに写し取ることに拘りました。 具体的に見てみると ジャン=レオン・ジェローム作「コックファイト(一部)」 これまで主流だったアカデミーの基準では、どんなにカンヴァスに近づいても筆跡が確認できないほど滑らかな肌に仕上げるのが当たり前だったんですが・・・ モネ作「散歩、日傘をさす女性(一部)」 印象派の時代になると、筆跡は気にせず、絵の具をパレットで混ぜることなく原色のままカンヴァスに乗せる(置く)ことで、戸外のより明るい光を表現するようになります。 そんな印象派の名称の由来のなったのが・・・ モネ作「日の出(印象)」です。発表した当初は仕上げの荒さから、まだ制作途中の絵なんじゃないの?って思われたみたいですが、この荒さこそが新しさであり印象派と言われる所以なのです! ちなみにモネのちょっと先輩で印象派の父と呼ばれるエドゥアール・マネと区別がつかないという人も多いでしょう・・・私もたまに「あれ?どっちだっけ?」ってなります(^▽^;) モネとマネって字面が似てますもんね(^▽^;) だけど、それは二人が活躍した時代でも状況は同じで、モネが当時はまだ恋人だったカミーユをモデルに「カミーユ(緑衣の女)」を描きサロンに出展した時はマネと間違えらえてマネの名前で展示されたりしたそうです。 なのでマネは最初モネのことを「自分を利用して有名になろうとしてる」と思ったんだとか!その後、誤解がとけて2人は仲良くなったんですけどねw とりあえず、モネはマネの真似をしたかったんじゃないってことでっ(^▽^;). 【ホットペッパービューティー】クロード モネ 吉祥寺店(Claude MONET)のサロン情報。お得なクーポン、ブログ、口コミ、住所、電話番号など知りたい情報満載です。ホットペッパービューティーの24時間いつでもOKなネット予約を活用しよう!. 同居後、程なくしてカミーユは次男を出産し、寝込むことが多くなります。その看病をアリスが請け負っていましたが、おそらく夫とアリスの関係には気づいていたと思うので、カミーユの複雑な心境を思うと胸がつまります(ノД)シクシク そしてカミーユは32歳の若さで無くなります。子宮ガンだったのではないかと言われています。 「死の床のカミーユ(1879年)」オルセー美術館 驚いたことにモネはカミーユの死に顔を描いています。 死せる肌の移ろいに目が奪われ無意識に描いていたそうです。画家とは本当に業が深い生き物です(ノд-。)クスン 唯一の救いは、その後アリスはカミーユの子どもを自分の子ども以上に可愛がって育てたということ・・・・ モネの後悔は深かったと思います。「死の床のカミーユ」を描いて以来、モネの絵からは人物が消えました。 カミーユの死から8年たって、やっと描いた人物画がこちら・・・ 「戸外の人物 習作 (右向き、左向き)」です。 あの幸せだったころのカミーユを描いた「散歩、日傘をさす女」と同じ構図のこの2枚!! 決定的に違うのは、カミーユの死後に描かれたほうには表情が描かれていないこと! 実はこの絵のモデルはアリスの娘で同時18歳のシュザンヌでした。 モネは亡くなったカミーユを思って顔は描けなかったけど、カミーユとの思い出の花である「ひなぎく」のコサージュを白いドレスにつけました。 この絵は間違いなくカミーユを描いたものなのです。 画家のほうを見て立っている「右向き」には影がありません。 実際には存在しない白昼夢のように感じます。 去りゆくようにみえる「左向き」には色濃く影を落としています。 「思い出(幻想)」と「別れ(現実)」この絵を描くことで、カミーユとの思い出や後悔に一区切りつけたかったのかなぁ?. See full list on weblio. クロード・モネ( Claude Monet, 1840年 11月14日 - 1926年 12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。 代表作『印象・日の出』(1872年)は印象派の名前の由来になった。. 1865年のサロン・ド・パリに、海景画『オンフルールのセーヌ河口』と『干潮のエーヴ岬』を初出品し、2点とも入選した。新人モネの作品は、エドゥアール・マネの『オランピア』の真前に並ぶことになり、マネは、自分の名前を利用しようとする人物がいると誤解して憤慨したという。これを機に、モネは姓だけの署名をやめ、「クロード・モネ」というフルネームの署名をするようになった注釈 4。マネの『オランピア』がスキャンダルを巻き起こしたのに対し、モネの作品は批評家から好意的な評価を得た。 モネはシャイイでマネの『草上の昼食』と同じテーマの作品の制作を始めていたが、サロンの後、シャイイに戻って、1866年のサロンに出品することを目指して制作を続行した。モネの『草上の昼食』は、縦4.

モネ一家は、1878年9月、マネから引っ越し費用を借りて、セーヌ川の50キロほど下流にある小さな村ヴェトゥイユに移った注釈 17。ちょうどこのころ、モネのパトロンであったエルネスト・オシュデは、破産して住むところを失っていた。オシュデは、妻アリス・オシュデ(英語版)と6人の子ども(マルト、ブランシュ(英語版)、シュザンヌ(英語版)、ジェルメーヌの姉妹4人、ジャック、ジャン=ピエールの兄弟2人)とともに、ヴェトゥイユのモネの家で同居生活を送ることになった。 ヴェトゥイユ時代には、印象派の仲間たちとの間は疎遠になっていった。グループ内では特に、印象派展の売れ行きが思わしくない中、サロンに応募するか否かという点は深刻な対立点となった。ドガが、サロンに応募する者はグループ展に参加させないことを強く主張していたのに対し、ルノワールは1878年にサロンに応募し、モネも、グループ展が作品の販売を妨げていると考えるようになった。1879年4月の第4回印象派展は、ドガが中心となって開催し、モネは当初出品を断ったが、ギュスターヴ・カイユボットが所蔵者からモネの作品29点を借り集めて出品した。モネは、第4回展への出品に同意した理由について、「気は進まなかったが、裏切り者と思われたくなかったから」と述べている。第4回展では、初めて利益が出て、1人439フランの配当金が与えられた。 経済的には依然として苦しく、妻カミーユと子供の病気が重なり、ヴェトゥイユの大家族は、食糧も暖房もない生活を強いられた。1879年9月5日、カミーユが32歳で亡くなった。モネはこのとき、『死の床のカミーユ』を制作している。妻を失ったモネは、ピサロに「君はほかの誰よりも僕の悲しみを分かってくれるだろう。徹底的に打ちのめされ、再び生きる気力もなく、2人の子どもを連れてどのように暮らしていけばいいのか、皆目分からない」と書いている。 その後、エルネスト・オシュデはパリに仕事に出ていったが、妻アリス・オシュデはヴェトゥイユに留まり、モネの2人の子、ジャンとミシェルの面倒も見た。モネとアリスとの関係は深まっていった。 1879年から1880年にかけての冬は異例の寒さとなり、セーヌ川が完全に結氷し、その後、激しい勢いで解氷した。モネはこの現象に強く興味を引かれ、描く時間や角度の違いによる光の変化を絵にすることに夢中に. その後、モネとアリスは正式に結婚します。 ただ、モネが人物を描くことはほとんどありませんでした。アリスのことも描いていません。 晩年はだたひたすら睡蓮を描きまくってます(^▽^;) 全部で200枚!!.